PIXELA CORPORATION - 株式会社ピクセラ

4K放送を楽しもう!

新4K衛星放送の特長

2018年12月、BS・CS110度放送において、「新4K衛星放送」が放送を開始しました。新4K衛星放送は、現行ハイビジョンの4倍の画素数を持ち、高精細かつ臨場感のある映像が特長。また、次の4つの特徴により、色彩豊かでなめらかな表現が可能になります。


  • 広色域化
    現在のハイビジョン放送に比べ、
    表現可能な色の範囲が大幅に拡大し、
    「実際に見える色」に近い表現が可能となります。
    広色域化のイメージ

  • 画像の高速表示
    従来のデジタルハイビジョン放送(2K)では
    1秒に約30コマだったのを、約60コマの表示に高速化。
    これにより、動きの速いスポーツなども、なめらかに表示できます。
    2Kでの表示と4Kでの高速表示を比較したイメージ

  • 多階調表現
    現在の8ビットに対し、10ビットへ。
    これにより、色や明るさの変化がより自然な映像となります。
    8ビットの1,600万色と約10億色を比較したイメージ
  • 輝度
    輝度
    HDR技術により、映像で表現できる明るさの範囲が大幅に拡大し、
    より現実に近い明るさの表現が可能となります。
    従来とHDR技術を比較した映像イメージ
    ※番組がHDR対応の場合に視聴できます。
    ※お使いの4Kテレビが「HDR」の「HLG」に対応している必要があります。

PIXELA 4K Smart Seriesで新4K衛星放送を楽しむために

現在ご利用中の衛星放送受信環境で楽しむ場合

必要な機器と接続方法について

現在、BS放送を問題なく受信できているご家庭の場合、アンテナ設備を変更しなくても、
PIXELA 4K Smart Seriesを接続するだけで、ほとんどのご家庭で4K放送(右旋)6チャンネルを受信できます。

「【現在ご利用中のアンテナ設備】+【PIXELA 4K Smart Tunerの場合】」「【現在ご利用中のアンテナ設備】+【PIXELA 4K Smart TVの場合】」 拡大して表示

※ 現在の受信条件により、機器や配線の交換が必要になることがあります。
※ お使いのテレビやモニターのHDMI端子がHDCP2.2に対応している必要があります。また、4K画質で出力するには、4K対応の端子に接続してください。

受信できる新4K衛星放送チャンネル (右旋)

  • NHK BS4K
  • BS-TBS 4K
  • BS朝日 4K
  • BSジャパン 4K
  • BSフジ 4K
  • BS日テレ 4K 2019年9月1日開始予定

新4K衛星放送対応アンテナ設備に変更して楽しむ場合

必要な機器と接続方法について

現在ご利用中のBS放送アンテナ機器を、新4K衛星放送対応にアンテナ機器に変更し、
PIXELA 4K Smart Seriesを接続すると、全18チャンネルのさまざまな番組をお楽しみいただけます。

「【変更するアンテナ設備のフロー図】+【PIXELA 4K Smart Tunerの場合】」「【変更するアンテナ設備のフロー図】+【PIXELA 4K Smart TVの場合】」 拡大して表示

※ お客様の環境によって必要な機器が異なります。くわしくは電気店やマンションの管理会社へ
ご相談ください。
※ お使いのテレビやモニターのHDMI端子がHDCP2.2に対応している必要があります。
また、4K画質で出力するには、4K対応の端子に接続してください。

受信できる新4K衛星放送チャンネル (右旋・左旋)

右旋
  • NHK BS4K
  • BS-TBS 4K
  • BS朝日 4K
  • BSジャパン 4K
  • BSフジ 4K
  • BS日テレ 4K 2019年9月1日開始予定
左旋
  • 映画エンタテインメントチャンネル<有料>
  • SHOP CHANNEL 4K
  • QVC 4K
  • WOWOW 4K<有料> 2020年12月1日開始予定
  • スカチャン1 4K<有料>
  • スカチャン2 4K<有料>
  • Jsports1 4K<有料>
  • Jsports2 4K<有料>
  • Jsports3 4K<有料>
  • Jsports4 4K<有料>
  • スターチャンネル 4K<有料>
  • 日本映画時代劇チャンネル 4K<有料>

※ チャンネル名やロゴは予定を含んでいます。
各事業者から改めて発表される場合があります。

新4K衛星放送 Q&A

  • 新4K衛星放送の魅力は何ですか?
    回答を開く
    ひとことで言えば「超高精細」な映像です。4Kは現在のフルハイビジョン(2K)に比べて4倍の画素数で構成されています。4K対応のテレビは、近づいて見ても映像(画素)の粗さが気にならないので、視野が広がり、圧倒的な臨場感を楽しめます。
  • 全てのチャンネルがつなぐだけで見られるのですか?
    回答を開く
    NHK BS 4K、BS朝日 4K、BS-TBS 4K、BSジャパン 4K、BSフジ 4K以外のチャンネルを楽しむ場合、お使いの環境によっては、新4K衛星放送対応のアンテナや分波器、ブースターや壁面端子などが、必要になる場合があります。
  • 将来、新4K衛星放送を見たいのですが、今持っている4K対応のテレビは無駄になるのでしょうか?
    回答を開く
    お使いの4K対応のテレビにHDMI端子があれば、4KSmartTunerをつないで視聴ができます。
    ※ お客様の環境によって、別途機器が必要になる場合があります。
  • 新4K衛星放送が始まると、現在のBS・110度CSのハイビジョン(2K)放送は終わるのですか?
    回答を開く
    新4K衛星放送が始まっても、現在の衛星放送(2K)は放送されるため、お使いのテレビで見ることができます。
  • 新4K衛星放送が始まると、今使っているテレビ、チューナー、アンテナは使えなくなるのですか?
    回答を開く
    現在視聴している放送(2K)は継続するため、お使いのアンテナやテレビはそのままご使用できます。
  • マンションに住んでいますが、新4K衛星放送は見られますか?
    回答を開く
    マンションのテレビ受信の環境により異なるため、管理会社へご確認ください。
  • HDR(エイチ・ディー・アール)とは何ですか?
    回答を開く
    High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略です。映像の輝度(明るさ・暗さ)の範囲を拡大する技術であり、肉眼で見る感覚により近い映像が表現できます。番組および表示するテレビ・モニターがHDRに対応している場合にお楽しみいただけます。
  • 右旋(うせん)・左旋(させん)とは何のことですか?
    回答を開く
    BS放送や110度CS放送は、らせん状に回転する電波を用いています。その回転方向が進行方向に向かって右回りのものを右旋円偏波、左回りのものを左旋円偏波と呼んでいます。これらの両方を用いると、より多くの番組を放送できます。なお、現行のBS放送などは右旋円偏波が使用されています。

記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標または登録商標です。
画面、機能説明写真はイメージです。